「ホンドタヌキの飼育個体の死亡が来園者に伝わるまでの経緯についての意見書」のその後

  • By:
  • カテゴリー: 雑記

11月に入ってから、多摩動物公園の教育普及係から書面にて返答がありました。(某旅猫写真家さんのようなネームバリューもない一来園者としての意見だったため、まさか連絡があるとは思っておらず、驚くと共に感心しました)意見書を読んでいただけたことが汲み取れる内容となっており、今後の多摩動物公園での対応についても記載されていました。

返答中に記載のあった今後の対応については、以下の2点が実現されていることを一来園者として確認しています。

11月29日現在、多摩動物公園では、入園口を少し進んだ右側の掲示板に、生まれた個体と死亡した個体についての告知スペースが設けられています。
また、11月29日には、多摩動物公園の公式twitterにて、アフリカゾウのチーキとレッサーパンダのブーブーの訃報の後に、献花についてもツイートがされました。

今後も、良い取り組みには応援や賛同の声を送り、逆に改善をお願いしたい点には意見を述べることで、動物園がより良い場になればと考えています。写真が目的でブログやtwitterを見ていただいている方には喧しいかと思いますが、今後も変わらずお付き合いいただければと思います。
また、多摩動物公園の教育普及係の方には、お忙しい中、意見を受け止めていただいたことに感謝いたします。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


雑記
慰霊のお花

お花代のご報告とお礼。

雑記
ホンドタヌキの死亡は公表する価値のない情報なのか

ホンドタヌキのチャチャの死亡について、ナカムラの考える問題点をまとめました。